条件が整えば古い筆跡でも鑑定可能

当センターには、最近書かれた文字や100年ほど前に書かれた文字等、書かれた時期が案件ごとに異なる筆跡鑑定の依頼が入ります。

ある程度鑑定条件が整えば、古い資料にある筆跡であっても正しく検証することが可能です。

例えば、100年前の筆跡であっても、照らし合わせる筆跡資料も調べたい筆跡と同時期(前後10年程度)に記された筆跡であれば、筆跡鑑定が正しく行われる案件が多数あります。

資料の質や劣化の具合など筆跡資料は各々条件が異なりますから、詳しくは実際に筆跡鑑定資料を確認する必要があります。

具体的なご質問は直接当センターへお問い合わせください。

筆跡鑑定人が直接電話にておこたえ致します。

筆跡研究開発センターTEL : 03-6362-9161(平日17:45迄受付)

メールでのお問合せ : http://hisseki.co.jp/contact/