筆跡鑑定書作成の専門機関。事前相談、お問い合わせは無料です。お見積もりも無料。全47都道府県対応しています。お時間のない方、遠方の方もご相談下さい。一般の方も直接ご依頼、ご相談が可能です。ご不明な点は電話、メールにてお問合せ下さい。営業時間外のお問合せはHPお問合せ欄をご利用下さい。確認出来次第メール返信いたします。

鑑定調査は1万円。鑑定書は3.5万円より作成しています

裁判所、法律事務所で採用の鑑定技術を一般の方にもご提供

当センターは全国にある地方裁判所の鑑定依頼先です。信頼の技術と実績。安心してご相談下さい

47都道府県対応。電話無料相談は 9時~18時15分(土曜日13時迄)

機関情報

 

機関名 筆跡研究開発センター
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル7階

連絡先

TEL: 03-6362-9161     FAX: 03-6732-3406

E-mail: info@hisseki.co.jp

受付時間

月曜~金曜日: 9:00~18:15   

土曜日:9:00~13:00

日祝日: 休み

事業内容
  • 筆跡鑑定書の作成
  • 筆跡メンタルトレーニングの指導
  • 筆跡に関わる技術者の育成
  • セミナー、教室の主催

 

 

代表紹介

当センター代表 ご挨拶

 随分前の話になりますが、私は輸入車ディーラーショールームの支配人をしていました。当時は来場者に手書きアンケートを頂いていて、そこに書かれた文字を眺めているうちに、筆跡には筆者ごとに様々な違いがある事に気が付きました。大きい字や小さい字、角張った文字や丸い文字など、アンケート記入欄は同じ形大きさなのに、そこに書かれた文字は姿勢や書き進む方向についても全て異なっている。アンケートが1000枚あれば1000通りの筆跡です。この頃から独学による筆跡の研究は始まり、その後筆跡鑑定の研究所に籍を置き筆跡鑑定の実務を担当することになります。筆跡鑑定の修行と並行して、筆跡と深層心理の関係についての勉強や研究も進めました。

 多くの人が知ることのない、この素晴らしい「筆跡」の世界を普及させまた活かす事はできないか-。この目的を果たす為に、先ずは既に社会で普及している筆跡鑑定の技術を極め、その技術を多くの皆様に提供していこうと決めました。その手段として設立したこの筆跡研究開発センターは平成29年4月に設立5周年を迎え、現在は裁判所をはじめ全国の法律事務所や一般の方から数多くのご依頼をいただいております。

 時代に対応すべく、コンピューターによる筆跡鑑定の研究も進んでいます。数年先には多数の蓄積されたデータが基となる、オリジナル筆跡コンピューターが稼働予定です。

 また、「筆跡」の世界を日常に活かす第二弾として、今まで研究を進めてきた「筆跡」と「深層心理」の関係についての技術を応用したプロジェクトも進行中です。

これからも社名にある「研究」と「開発」を軸に、筆跡で皆様の生活に寄与できる技術を高めてまいります。

◆鑑定人 朝倉太郎 (祥景) プロフィール◆

筆跡の研究機関である相藝会筆跡鑑定研究所の研究員、日本筆跡診断士協会 理事、また両機関の運営会社取締役を経て「筆跡研究開発センター株式会社」を設立。現在に至る。
過去には正規輸入車ディーラー支配人、日本語学校の理事長などの職務経験がある。これら幅の広い社会経験が「文字を書く」という人の行動を分析する上で重要なものとなっている。
出版は朝倉祥景名義で監修「お金に愛されるボールペン字練習帳」がある。

朝倉 祥景(朝倉 太郎)監修book
お金に愛されるボールペン字練習帳”
ご購入はコチラ  ⇒⇒⇒

 

 

お知らせ

記事が掲載されています

Smart FLASH  (2017年7月29日)

小池チルドレン「平慶翔」疑惑の筆跡鑑定は「シロ」だった

@Woman by HUMANTRUST

筆跡鑑定「きれいな文字はバランス」 (2014年6月27日)

筆跡鑑定「文字で『コミュ力(りょく)』をチェックする」(2014年4月4日)

筆跡鑑定「履歴書の書き方」((2014年3月7日)

ウォーカープラス(Walker +)(2012年7月29日)

ハネが弱いと浮気性!? 女性に話題の“開運文字”とは 

 

ラジオ番組に出演しました

JFN “DAILY FLYER”  (2012年8月17日)

 

講演を行いました

杉並区西倫理法人会モーニングセミナー(2012年2月18日)

 

PAGETOP
Copyright © 筆跡研究開発センター株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.