子供が書いた文字の筆跡鑑定は容易ではない?

子供の筆跡についての鑑定依頼は年々増加しており、その理由は筆跡鑑定以外に調査する方法や解決策が少ないことが主な理由と考えられます。

また、筆跡鑑定をおこなうことによって、嫌がらせ文の再発防止の効果が期待できる点も依頼数増加の理由の一つでしょう。

子供の書いた文字の筆跡鑑定は一見容易に思われるかもしれませんが、文字の読み書きを習得中である子供の文字は変化(上手くなる方向へ)の幅が大きく、文字のあり方が定着していない点が筆跡鑑定を難しくします。

ただ、子供の書いた文字の筆跡鑑定は故人の筆跡を鑑定する遺言書等の扱いとは異なり、照らし合わせる側の筆跡が入手しやすい場合があり、筆跡鑑定を進める上で好条件となる事があります。

子供の筆跡鑑定についてご不明点がありましたら、電話にてお問い合わせください。

筆跡鑑定人が直接ご質問にお答えいたします。

筆跡研究開発センターTEL:03-6362-9161(平日17:45迄 受付)

メールでのお問合せ : http://hisseki.co.jp/contact/